ニキビ跡を綺麗に改善する【美容チェンジチャンス】

女性

なめらかな肌をもう一度

治っても残ってしまうもの

鏡に写った女性

思春期から大人になってもストレスで発症するニキビ。経験する人も多いでしょう。鏡を覗くたび赤くはれている炎症や、白く膿を持った炎症、コメドが顔を出したものから、顔に広がる赤みの、その辛さも治ってしまえばそんなこともあったな、と流せるものですが、それだけですまない場合もあります。炎症が酷くニキビ跡が残ってしまった皮膚は治った後も見た目に痛々しく感じられます。ニキビ跡といっても種類はいろいろあって、ニキビが落ち着いた後に炎症の跡が赤く残ってしまったニキビ跡や、炎症の跡が色素沈着してしまって茶色や紫の後になるニキビ跡も。そして一番治りにくいといわれるのが、ニキビで皮膚組織が深くダメージを受けてしまい、クレーターのようにでこぼこした跡が残るニキビ跡です。どれもニキビが治っても、鏡を見るたびに気になるものです。お化粧で隠せるとはいえ、気になる部分を隠そう隠そうと厚くファンデーションを塗ると毛穴が詰まってしまい、ニキビが再度発生する原因になってしまうかもしれません。

色々な治療法

ニキビ跡を薄くする、完全になくしてしまうのは無理なことではありません。美容整形やクリニックではニキビ跡の症状に合わせて色々な対処法があります。美容整形では色素が残ったタイプには、色の段階によって異なった治療をします。す。赤みが残るタイプはビタミンC配合の化粧水や美容液を塗ったり、イオン導入などで色味を薄くしていきます。茶色や紫色などの濃い色素沈着には、化粧水などを塗るほかにピーリングが効果的です。古い角質をピーリングで落とし、新しい皮膚の再生を促します。ピーリング剤は市販でも販売されていますが、美容整形クリニックではより自分の肌に合ったピーリング剤を使用できるでしょう。そしてなかなか治らないクレーターの皮膚は、美容整形での最新の治療で目立たないように治療できます。ピーリングはもちろん、レーザー治療、フォトフェイシャル、へこんだ部分に注射をして細胞を増やすFGF治療、皮膚を移植する培養表皮移植など、専門家でしかできない技術が今はあるのです。